デザイナーになりたい人は必見!デザイナーの専門学校!

デザイナーの専門学校とは!

デザインの専門学校は、デザイナーになる人を育成する学校となっています。二年という短期間である程度の知識を身につけなければならないために、非常に過酷なのですが、本当に夢を追いかけている人にとっては楽しくて仕方ない学校でもあります。一年時は、デザインの基礎を勉強するために、あまり実技の勉強はありません。二年時になると、実技を中心とした応用の授業を行いそれぞれ課題を作りながら、デザイナーの道へと近づいていきます。

デザインの専門学校のコース

デザインの専門学校では、様々なコースに分けられます。まずは、ブティックなどを担当するデザイナーコースがあります。これは、アパレルショップなどには欠かすことができない核的存在です。他には、グラフィックデザイナーコースです。これは、ゲームやアニメ等3DCGのデザインを主に担当することになります。それぞれのコースで勉強することが違うために、自分がなりたいデザイナーの像を想像してから入学してコースを決めるとよいでしょう。

デザインの専門学校で行っていること

デザインの専門学校では、様々な取り組みを行っていることがあります。まずは、課題を用いたコンクールです。全国の学生と課題を持ち合わせて競うといったものですが、自分の技術を確かめるいい機会になるために非常に便利ですよね。支援としては、教材購入の補助が挙げられます。デザイナーになるには、様々な教材を必要としますが購入するとなると高くつきます。そこで、学校がいくらか支援して購入を少し楽にするといった支援を行っています。

ゲームの専門学校ではゲームに関する技術や知識を学ぶことが出来ます。例えばゲームのプログラミング技術やシナリオ作成方法、キャラクター作りなどです。