いろいろある!?宅建を取得する方法と注意点

独学で取得を目指す方法

宅建を独学で取得しようという場合、険しい道のりを覚悟しておく必要がありますよ。特に不動産関係についての知識がない人は、まずは用語の意味を正確に理解することから入りましょう。独学だと、自分のペースで勉強できるのがメリットです。まずはテキストを熟読して内容を頭に叩き込み、問題集を解いてさらに知識を定着させましょう。テキストや問題集は何冊も手を出すよりも、1~2冊に絞ってそれをやりこんだ方が効果的ですよ。

専門学校や通信教育を利用するのも可

宅建は取得が非常に難しい資格であるので、専門学校や通信教育で勉強するのもお勧めですよ。これらの場合はカリキュラムが組まれているので、緊張感を持って勉強できるのがメリットです。それに、よくわからないところがあったら質問もできますよね。時間に余裕のある人は専門学校に通い、そうでない人は通信教育が良いでしょう。ただ、これらは独学に比べると費用はかかります。申し込む前に、本当に宅建を取得する意思があるかどうかよく考えましょう。

法律の改正には要注意

独学、専門学校、通信教育、いずれの勉強方法でも気に留めておきたいのが、法律の改正です。法律が改正されると、試験の出題内容や問題の正誤が変わることがあるのですよ。専門学校や通信教育だと法律改正についても教えてもらえますが、注意したいのは独学。テキストは必ず最新式のものを使い、インターネットなどで法律の改正情報もこまめに調べましょう。また、過去問にあたる際も出題内容が古くなっていないか気をつける必要があります。

宅建といえば、不動産関係の資格のひとつであります。そんな宅建の講座を受講する際には、通信が時間にとらわれず便利です。