学生時代に資格取得!高校時代に取得してみたい資格と勉強方法は?

資格取得で自分の世界を広げよう!

突然ですが、学生の皆さん!あなたの校舎にある非常ベルのボタンを押してみたい衝動に駆られたことはありませんか?大人たちを相手に不動産について説明してる学生がいたら凄いと思いませんか?資格には独占業務という種類のものがあって、その資格がなければ行ってはならない業務というものがあります。非常ベルを鳴らすのは基本的に非常時だけですが、消防設備士(4類)という資格を持っていると点検や整備を行うことが出来るため堂々と立会のもとで非常ベルを鳴らして正常であるかの点検を行う事が出来ます。さらに不動産については宅地建物取引士という資格があってこれを持っていると不動産業を開業する事も可能です。もちろん就職にも有利ですし法律にも詳しくなれるので生活上起こりうるトラブルにも法律と照らし合わせて考える事で身の守りにもなります。学生時代には○○検定3級とか認定○○等の資格を取る事があるかもしれませんが、せっかく資格を取るなら独占業務と呼ばれている「その資格が無ければ行ってはならない」という種類の資格を取って自分の世界を広げてみましょう!

資格取得の勉強方法でコツはあるの?

資格取得って何か難しそう・・。遊びは好きだけど勉強は嫌い!という方もいるかもしれませんが大丈夫です!学校の勉強は将来何に役立つのかわからない内容の勉強を進学の為等の理由で勉強しますが、独占資格は一般の人が出来ない事柄に対する権限を得るための勉強なので意識次第で楽しく勉強が出来ます!例えば先ほどの消防設備士という資格は、6類という種類を取得すると消火器の整備と点検を行う事が可能です。勉強内容は消火器の中身がどうなっていて、安全に分解して点検するには?といった事を勉強します。好奇心旺盛な人は楽しく勉強が出来ます。資格が取れれば分解して点検を行って普通に仕事が出来てしまいます!さらに宅地建物取引士という資格は過去問が10年以上出ているので繰り返して意味をしっかり理解すれば高校生でも十分取得可能な資格です。この資格の内容も興味深く、例えば突然大家さんがやってきて、契約が今日で終了したので出て行って欲しいと言われた時の対処法等を学びます。資格取得のコツはまずその試験の過去問を解く事と、取得後に与えられる権限をどう活用するかを考えてモチベーションを保つ事が資格の勉強をする上でのコツと言えます。

本当に使える資格を学生時代に見極める!

資格は国家・民間を含めると多種多様です。学生時代には危険物取扱者とか○○検定等を学校で勧められる事があるかもしれません。一例として危険物取扱者は6種類ありますが、普段の生活で役立つ種類というとガソリンや灯油等を扱う4類を持っていれば十分でしょう。学生時代に簿記を学ぶ事もお勧めします。就職の際にもその後の活用度においても有益です。その際には2級以上を目指してください。社会で使えるのは2級以上と覚えておいたほうが無難です。また日商簿記検定1級を取得することで税理士試験の受験資格も得られます。時間に余裕があるなら宅地建物取引士を目指してみてください。法律用語を理解するのが最初困難に思えるかもしれませんが慣れれば大丈夫です。社会に出た際に法律の知識が必ず役立ちます。さらにこの資格があれば不動産業への就職にも非常に有利に働くので本当にお勧めです。学生時代に独占資格を取得してみましょう。そうすれば自分の世界が広がって楽しみ事が増えて行きます。過去問とモチベーションを維持して資格取得に励みましょう!

中小企業診断士の講座の利用価値は、人それぞれですが、人気の講師から指導を受けることで、きちんとノウハウを身に着けることが出来ます。